自己啓発詐欺~瞑想とソルフェジオ周波数編


ご無沙汰していました。

先週は一般記事でも対談が更新されて嬉しい限りです。

RAPT×読者対談〈第124弾〉東京スカイツリーは3.11の放射能汚染演出のために建設された可能性大。

RAPTさんのブログに出会う前に人生について悩んでいた頃、mixiで個人の自己啓発講師を見つけて「人生は変えられる」、「自分の思うように生きられる」といった甘い言葉に騙され一時自己啓発を受けていたことがありました。

今日はその中での「瞑想」と「ソルフェジオ周波数」についてブログに書いていきます。

自己啓発講師には「毎日どんなに頑張っていても心の中に暗い感情などの汚れが溜まってきてしまいます。そんなときには一日に1回は必ず瞑想をしましょう。」と言われました。

自己啓発講師に勧められていた「瞑想」。自己啓発講師の呼び方が独特でして「ホ・オポノポノ」というそうです。

以下wikipediaより引用

__________

ホ・オポノポノ(Hoʻoponopono)は、ハワイ語で、PukuiとElbertによるハワイ語辞典において「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義される言葉。この言葉は、家族のあるいは個人の癒しの方法を指す言葉として知られる。

_________

ホ・オポノポノの具体的な方法ですが以下のようなポーズを取りながら自分に対して「ありがとう」、「ごめんなさい」、「許してください」、「愛している」と言う方法です。

更にBGMがあるとより効果的だとかで「ソルフェジオ周波数」というものを勧められました。以下の動画は自己啓発を受けていた当時私が聞いていた「ソルフェジオ周波数」です。

波の音で誤魔化されていますがただの無機質な気持ちの悪い機械音です・・・。

更にホ・オポノポノをするときにはお香やアロマをたくと更にリラックス効果が出るそうです。(悪魔の臭いを誤魔化すためにたくのでしょうか・・・。)

「ソルフェジオ周波数」には以下のような効果があるそうです。

以下こちらから引用

_______

  • 174ヘルツ・・・苦痛の軽減
  • 285ヘルツ・・・多次元領域を知覚した意識の拡大と促進をする
  • 396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
  • 417ヘルツ・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進
  • 528ヘルツ・・・理想への変換、奇跡、DNAの回復
  • 639ヘルツ・・・人とのつながり、関係の修復
  • 741ヘルツ・・・表現力の向上、問題の解決
  • 852ヘルツ・・・直感力の覚醒、目覚め
  • 963ヘルツ・・・高次元、宇宙意識とつながる

_______

528ヘルツの中に「DNAの回復」とあります。放射能汚染(本当は存在しません)で壊れたDNAを修復できるとでも言いたいのでしょうか?

「ソルフェジオ周波数」のCDも販売されています。

こちらでamazonのページに飛びます。

「瞑想」や「ソルフェジオ周波数」で「心のクリーニング」を試みたのならさぞ気分が晴れ晴れしただろう、と思った方。残念。全然心がすっきりしませんでした。むしろ「瞑想」をすることや「ソルフェジオ周波数」を聞くことがなぜか嫌になってしまったのです。

その何故?は「ソルフェジオ周波数 古代」で検索したら簡単に謎が解けました。

以下こちらから引用

_________

5.ソルフェジオ音階とカバラ数秘術の関連

どう言うメカニズムか?、ソルフェジオ音階の周波数はカバラ数秘術(Kabbala Numerology)で作られています。その根本の数は「3」で、これは古代宗教ではもっとも聖なる数とされました。ソルフェジオ音階の基本となる周波数は528 Hzと396 Hzです。この数にカバラ数秘術で3桁の3を表す「111」 を足し引きすることで他の周波数を導き出すことができます。

395
395 – 111 = 285
285 – 111 = 174
528
528 – 111 = 417
528 + 111 = 639

最後の3つは 741 から始まります。

741
741 + 111 = 852
852 + 111 = 963

さて、このソルフェジオ音階の周波数をカバラ数秘術を法則で計算しますと、以下の通りになります。計算方法の詳細は以下の過去のブログ文章をご参照ください。

 2013/09/09 「カバラ数秘術 Kabbala Numerology」記事

174 : 1 + 7 + 4 = 12 → 1 + 2 = 3
285 : 2 + 8 + 5 = 15 → 1 + 5 = 6
396 : 3 + 9 + 6 = 18 → 1 + 8 = 9
417 : 4 + 1 + 7 = 12 → 1 + 2 = 3
528 : 5 + 2 + 8 = 15 → 1 + 5 = 6
639 : 6 + 3 + 9 = 18 → 1 + 8 = 9
741 : 7 + 4 + 1 = 12 → 1 + 2 = 3
852 : 8 + 5 + 2 = 15 → 1 + 5 = 6
963 : 9 + 6 + 3 = 18 → 1 + 8 = 9

ソルフェジオ音階の周波数の数列は、カバラ数の「3、6、9」の繰り返しになっています。6は 3 × 2 = 6 であり、またその数のすべての約数の和と自身が 等しい完全数 1 + 2 + 3 = 6 といわれる特別な数でもあります。9は 3 × 3 = 9、つまり3の平方数です。このように「3、6、9」は「3」という聖なる数のグループであり、中世では音楽理論の中心となりました。東洋でもこれは「弥勒菩薩」の「みろく」につながる神聖な数です。

_________

「みろく」とは666のことです。6は悪魔の数字を指します。

出ましたね。これでもう言わずもがな。「ソルフェジオ周波数」を聞いて気持ちの悪くなる訳がすぐに分かるでしょう。

自己啓発が神様を否定する思想だとRAPTさんのブログでも既に記事に書かれています。詳しくはこちらからどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です